10万円の給付(特別定額給付金)について今わかっていること

申請方法

結論。郵送 or オンラインの2つ。ただ例外として窓口受付が必要な人には窓口受付をするとのこと。

「オンライン」においては「マイナンバーカード」が必要になるため、国民の大半は郵送手続きなると思います。マイナンバーカードの普及率低いですからね。(私は一応持ってます)

総務省より引用
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。

(※)なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。

(1)郵送申請方式
市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能) マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

受付開始

市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)
「(1)郵送申請方式」「(2)オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定可能
申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内

市区町村が準備でき次第スタートといったところですね。

対象者

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

報道によると、この10万円給付は世帯主が一括して行うとのことで、市区町村から「対象者」が記されたものが郵送されてきて、貰える金額も記載されているとのこと。

夫、妻、子の3人家族だったとしたら、すべてを世帯主が1回で申請で済ませられるのは良い。

懸念点

この申請がいつ始まるのか、給付はいつからになるのか
生活が困窮している人には1分1秒が惜しいはずです。
スピード感求められます。